〜 製作について 〜    Process of production 自然のスケッチ ー デザイン原画 ー 金属生地作り ー 透かし・凸凹 ー 溶接 ー留め具ータガネ研磨ー
59db3d80428f2d247300872d 59db3d80428f2d247300872d 59db3d80428f2d247300872d 59db3d80428f2d247300872d 59db3d80428f2d247300872d 59db3d80428f2d247300872d 59db3d80428f2d247300872d 59db3d80428f2d247300872d 59db3d80428f2d247300872d 59db3d80428f2d247300872d 59db3d80428f2d247300872d

〜 製作について 〜    Process of production 自然のスケッチ ー デザイン原画 ー 金属生地作り ー 透かし・凸凹 ー 溶接 ー留め具ータガネ研磨ー

¥0

送料についてはこちら

※この項目は購入できません。 クリックまたは横にスライドしてご覧下さい。 ( 商品は画面上部のcategory からテーマ別に購入できます ) まず自然のスケッチなど手書きの原画をもとに、デザインをいくつか決めます。 1.生地作り 〜 透かし/凸凹 〜 あらかじめプリントや刺繍が施された布地の反物ように下地となるシルバーを製作します。 模様や凹凸からオリジナル素材です。 2. 裁断/曲げ/溶接 〜 大きな立体感 〜 シルバー生地を裁断します。 ガスバーナーの高熱で貼り合わす・組む・カーブさせる・打ちたたくなど、骨格を作ります。 3.留め具をつける 細かなイヤリングやネックレスの留具部分を、小さなガスの熱で本体に溶接します。 4.タガネなど 〜 小さな立体感とホワイト〜 段差のあるデザインは細かいタガネで砂のような粒状の風合いを打ち出します。   再び熱して表面部分を白色に変えます。 5.仕上げ加工 〜 表面の輝き 〜 最上部はつや消し仕上げか鏡面加工仕上げにします。 ミラー状に手で磨き上げるには、小さなもので丸一日、ペアや少し大きいものは数日かけます。 6.素材とオリジナルマークの刻印を入れて完成です。 [ 商品の梱包 ] ギフトボックスにも自然の五感が伝わるように手作業の工程を繰り返します。 エンボスの筒箱にキャンバス地を合わせて、ロゴマークの焼印を直接焼き入れます。天然コットンで中身のクッションを作りジュエリーを持ち運びながら守ります。